メルチャリの凄さ シェア自転車

メルチャリのとにかく凄いところは既存の自転車を使うことです。僕の大好きなmobikeやOfoといったシェア自転車は新しくそれ用に自転車を作ってサービスをしています。これもデザイン性に優れたかっこいい自転車を作れるというメリットはあるのですがこれだと自転車の数勝負、そして乗り捨てができない今は自転車を停めれるポート数の勝負になります。しかしメルチャリは(※あくまで予想です笑この時点でサービスは全く始まっていません)既存の僕たちの自転車を使います。別に新しく自転車を作らなくても僕たちが既に自転車をもちまくりです。しかもその自転車の9割の時間は駐輪場で停まっています。僕も自転車を持っていますが通勤に使う時は最寄り駅まで行ったらあとは僕が帰ってくるまでずっと駅で停まっているんです。休みの日には使わない日だってあります。その停まっている自転車を使うのがメルチャリです!※再度、何回も書きますが現時点ではあくまで予想です笑

例えば僕が最寄駅の駐輪場に自転車を朝止めてから夜帰ってくるまでの間、用事があって僕の最寄駅に来る人は沢山いると思います。その人たちに自転車を貸せるわけです。僕は昼間一切使わないのでご自由に使ってもらってOKです。ご自由といってももちろん貸す側の僕はアプリでONOFFを管理、そして貸し始めたら自転車がどを移動しているかはGPSで一目瞭然。借りてる人のプロフィールももちろん、ちゃんと今まで自転車を返してきたかなどのレビューも。本人とチャットもできますので緊急時も万事OKです。これはメルカリと完全に一緒です。そして万が一自転車を借りた人が借りた地点に自転車を戻さなかったら通報されて二度とメルチャリを使えなくなります。なので借りパクみたいなのはほとんど起こらないはずです。

問題の値段がどうなるのかを今一番考えています。貸す人が決めるのか、それとも今はやりの月額制かもしれません。個人で決めるなら私のは1時間50円とか1回位80円とか。でも値段設定が難しいですね。例えば1日120円で貸すとしてメルカリさんに手数料を少し。そして仮に1日100円貸す人が得られるとしてこれだと貸す人が爆発的に増えるかというとうーんって感じです。でも一回300円とかだと借りる人激減しちゃいそうですし。1日コーヒー一杯分稼げると思って貸す人増えるかな?これは難しい難しすぎる。この値段はえらい難しいです笑。文字数で次。