メルチャリ~シェア自転車革命について②

昨日の続きです。
とにかくメルカリさんはフリマ業界の雄です。フリマとは既存の物をまた再流通するシステムです。いったっら再利用のプロです。ならば新しくシェア自転車様に自転車を自社で作ってそれを町中に設置してみたいなサービスをするでしょうか?僕はそう思いません!!これはあくまで予想です!メルカリさんにも確認を取ったわけではないですし、あくまで商標登録から僕が勝手に予想しました!たぶんこんな感動的なサービスを目論んでるはずです!というよりやってほしい笑というより僕もしたい笑

まずメルカリさんが作るのは自転車の鍵のみです。既存の自転車に設置可能な自転車の鍵です。僕は輪っかになってて取り外し可能なタイプだと思ってます。そしてそれがインターネットとGPSにもちろん繋がっていますIoT鍵です。あとQRコードが鍵のどこかにプリントされているはずです。そしてこれを既に自転車を持っている人が買います。もちろんメルカリ上で。買うと言ってもたぶん無料です笑。AmazonDashButtonみたいな。そしてたぶんメルカリアプリのトップページに宣伝がドカンと載ってきます。メルチャリ始めました!みたいなやつです。たぶんもっとカッコいいコピーです笑。そしてメルカリに既に登録してあるユーザーは面倒な手続きが勿論なしです。ワンタップで鍵を買ってメルカリで登録してる住所に後日鍵が届きます。そして自転車にこれで鍵をかけるだけです。これだけで自分の自転車をシェア自転車にすることができます。元々の鍵は開けっ放しにしておく感じを予想です。

そして一方自転車を借りる人です。まず借りたい人はメルチャリアプリで借りれる自転車が近くにあるかを探します。そしてたぶんユーザーが増えたら探す必要ないくらい町に溢れます。初めだけです探すのは。そしてメルチャリに登録してある自転車を発見したらカギにあるQRコードをスマホでスキャンします。それでロック解除です。これだけで便利なサイクリングのスタートです。
文字数なので詳しい事は次!