一風堂

ラーメンは中国の拉面から派生した食べ物です。しかし、日本で独特の発展、進化を遂げすぎました。セブンイレブンジャパンみたいな感じです。親会社上回ってます。完全に発祥を凌駕してます。

 

 

 

そんな日本のソウルフード ラーメンですが、上海で一番目にする日系ラーメン屋は博多一風堂さんです。

中国事業は、2012年上海を皮切りに※2003年に一度展開し2005年に撤退。今では中国全土で13店舗、その内上海には6店舗、全て市内の中心部に出店してます。

 

 

 

 

 

ということで家からmobikeを走らせ15分、徐家汇店で食べてきました!

 

f:id:reikubota:20170117122635j:imageやはり白丸元味。42元なので700円くらいで日本とほぼ同じです。

凄い。

 

一風堂は山東省にある龍大食品集団という中国食品加工会社の技術提携をしていて、今ではチャーシューだったりはそこが製造しているみたいです。さらにこの提携は、今後中国に進出するラーメン屋もこの龍大食品集団の製造を利用できる内容とのことです。これは他のラーメン屋さんは大助かりですね。

 

一風堂がクールジャパン機構から20億円援助してもらった時とかは批判の声もあったみたいですが、こういう使い方なら融資成功じゃないでしょうか。

しかも上海の店舗はめちゃくちゃ大盛況です。f:id:reikubota:20170117130443j:image

 

 

先日行ってきたラーメン競技場もめちゃ混みだったし、もう完全に日本発のラーメンは中国拉面を超えたと言っていいでしょう!

 

次は一蘭進出するかな。