読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週休4日制に備える筋肉ブログ 久保田嶺 WORK OUT

そろそろブームになりそうな週休4日制!そんな休みだらけの人生を楽しく生きるには”筋トレ”しかない!

孫中山お墓 南京

中山公園、中山西路、中山一路、などなど上海には中山の文字が付く公園や路地が本当に多いです。上海で一番有名な外灘の道の名も中山東一路です。

 

この中山という文字は中華民国を設立した 孫文 の日本名 孫中山 が由来らしいです。孫文さんは日本で学んでいたことがあり、何と結婚式は東京原宿で挙げております。僕の兄と同じです。

中山という名は、孫文の家の近くに中山さん家があり、それをえらく気に入り自分の名前にしたそうです。フットワーク軽い人だ。

 

 

そんな日本と深い関わりがある中国、中華民国のスーパースター孫文のお墓は上海の隣町である江蘇省南京市にあります。これは上海に住んでいる間がチャンスと重い行ってきました。

 

f:id:reikubota:20170115185003j:plain

お墓というより、もう一大観光地になっていてしんみりした雰囲気ゼロなので笑顔でセルフィー。

 

このお墓は紫金山という山の高台の中にあって、孫文が南京の街を見渡せるようになってます。なので行くにはちょっとハイキング的なノリが必要です。でも嫌な人はお墓の麓まで観光トロリーバス10元で行けます。

しかし最後に登場する、どの人のブログにも書いてある392段の階段を登るメインイベントは避けられません。392段というのは当時の中華民国の人口3億9千2百万人にちなんでらしいです。僕とか若い人は全然余裕だと思いますが、お年寄りの方はもしかしたら大変かもしれません。でも今度周近平さんが死んじゃってこのスタンスでお墓建てたら僕もヤバいですね。1350段登るのはきついわ。

 

とにかく今の中国の礎を築いた歴史上のスーパースターのお墓なので、上海に住んでいる人は是非行ってみてください!