赤字関係無し

上海の地下鉄は最低料金2元≒32円で、遠くても5元位で何処にでも行けます。

安いです。

 

昨日中国の新幹線に乗りました。上海–南京で片道2時間ぐらいです。距離は東京–名古屋ぐらいです。これで100元〜130元くらい。日本円で1500円〜2000円くらいです。東京–名古屋は6000円程。

やっぱり安いです。

 

 

中国の鉄道は本当に安いです。しかも安かろう悪かろうではなく、地下鉄の電車内も普通に綺麗だし、新幹線も日本と全く同じで快適そのものです。

 

 

よくこれで商売やれてるなと思って調べてみました。

 

結果、とんでもない赤字らしいです。

 

 

中国の地下鉄や新幹線は主に中国中車という国有会社が製造販売してるみたいです。

新幹線に関しての情報で、上海–北京間は2015年は1000億円程の黒字ですが、他の全路線は赤字だったみたいです。2015年の6月〜9月の3ヶ月だけで1500億円程の赤字とのことです。

 

まぁ最近できたばかりなので設備投資とかで赤字が出るのは当然なのかもしれませんが、凄いスケールです。

国有会社だしインフラ関係の仕事なので赤字は無視してとにかく増産、後で考えようみたいな気合いの戦略と感じます。僕はこういうの好きです。

 

シンプルに黒字化のためには運賃を上げれば良いわけですが、それも国民からのブーイングを想像して簡単には出来いでしょう。

 

僕は正直中国中車とか鉄道関係会社が黒字でも赤字でもいいんですが、一つだけ切実にお願いしたいことがあります。

それは上海の全地下鉄の駅にトイレを必ず付けること、それも和式じゃなくて様式にして下さい。中国秘境の地に新幹線を増線するのもロマンありますけど、その前に早くトイレを改善しろと上海住人全員が思ってるはずです!

宜しくお願いします!