早く無料になれ

もはや初回ブログでご紹介したmobikeという、僕が痺れまくったシェア自転車は古いものとなってしまったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

本日の群雄割拠上海シェア自転車の最前線に君臨するのは

f:id:reikubota:20161130225818j:imageこの小鸣单车というライトブルーのダサい自転車で間違いないでしょう。

何故なら昨日初めて道路で発見したからです。

 

 

 

 

 

 

使い方は完全にmobikeと同じで、アプリからGPSで近くの自転車を探してf:id:reikubota:20161130230519j:imagef:id:reikubota:20161130230633j:image

QRコードで鍵を解除するf:id:reikubota:20161130230812j:image

ここまでは完全にmobikeと同じです。

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ何が違うのかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純明解、値段です。

f:id:reikubota:20161130231002j:image なんと0.1元≒1.6円。安過ぎる。もはや無料でいいでしょレベル。というより何で無料にしないんや。

 

 

 

将来のシェア自転車なんて乗る人は無料確定です。サービス提供側は、その自転車に乗っける広告費で稼いでいく。今の流行りの広告で稼ぐパターンのやつです。

 

 

と思って調べてみたら、なんか既にロンドンではCooper Bikesっていう広告で成り立つ無料自転車があるみたいです。シェアじゃないらしいですが、無料で自転車貰って乗り放題らしいですよ。

f:id:reikubota:20161130233643j:imageデザインもお洒落やし、流石ロンドン。僕もこんな広告自転車作ってみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜バージョン
f:id:reikubota:20161130235939j:image

夜ならカッコいいね。