告白汽球 

 

塞纳河畔左岸的咖啡
我手一杯品尝你的美
留下唇印的嘴

花店玫瑰名字写错谁
告白气球风吹到对街
微笑在天上飞

你说你有点难追想让我知难而退
礼物不需挑最贵只要香榭的落叶
营造浪漫的约会不害怕搞砸一切
拥有你就拥有全世界

亲爱的爱上你从那天起
甜蜜的很轻易
亲爱的别任性你的眼睛
在说我愿意

シェア自転車戦国時代

シェア自転車の戦いが凄いことになりそうです。

 

中国から始まったらこの壮大な物語。

絶対王者はMobikeとOfoという中国二大巨頭で間違いないでしょう。彼らは自信満々に日本にも進出して来ました。

 

そして日本で迎え撃つのはメルカリ、DMMとなりそうです。正直docomoさんは厳しい気がします。自転車のデザイン的に。

 

よって日本ではMobike&Ofo VS メルカリ&DMMという構図です。

 

僕はMobikeが1番好きですが、日本では乗り捨て出来ずポートに返す必要があるとのことで苦戦を予想しています。

そこでてっきりメルカリさんのメルチャリは既存の自転車を利用するものかと思っていましたがメルカリさんも自社自転車を開発とのことでどうなることやら。

 

でもとりあえず楽しな戦いです!!

早く乗りたい!

サッカー!

サッカー日本代表やったね!

井手口選手のゴールめちゃくちゃ感動しました!鳥肌もんです!

 

僕はずっと幼稚園から大学までサッカーをしてて今でも大好きです。プレーすることは大学で満足しましたが、またサッカーに別の形で関わりたいと思っています。社会人になる時はとにかくサッカー以外のことを経験したい、サッカー選手じゃない自分で居たいって気持ちから職業を選んで来ました!でもやはりサッカーを好きな自分はずっと居ます!

ということでサッカーに関わっていこうと思います!!

メルチャリの凄さ シェア自転車

メルチャリのとにかく凄いところは既存の自転車を使うことです。僕の大好きなmobikeやOfoといったシェア自転車は新しくそれ用に自転車を作ってサービスをしています。これもデザイン性に優れたかっこいい自転車を作れるというメリットはあるのですがこれだと自転車の数勝負、そして乗り捨てができない今は自転車を停めれるポート数の勝負になります。しかしメルチャリは(※あくまで予想です笑この時点でサービスは全く始まっていません)既存の僕たちの自転車を使います。別に新しく自転車を作らなくても僕たちが既に自転車をもちまくりです。しかもその自転車の9割の時間は駐輪場で停まっています。僕も自転車を持っていますが通勤に使う時は最寄り駅まで行ったらあとは僕が帰ってくるまでずっと駅で停まっているんです。休みの日には使わない日だってあります。その停まっている自転車を使うのがメルチャリです!※再度、何回も書きますが現時点ではあくまで予想です笑

例えば僕が最寄駅の駐輪場に自転車を朝止めてから夜帰ってくるまでの間、用事があって僕の最寄駅に来る人は沢山いると思います。その人たちに自転車を貸せるわけです。僕は昼間一切使わないのでご自由に使ってもらってOKです。ご自由といってももちろん貸す側の僕はアプリでONOFFを管理、そして貸し始めたら自転車がどを移動しているかはGPSで一目瞭然。借りてる人のプロフィールももちろん、ちゃんと今まで自転車を返してきたかなどのレビューも。本人とチャットもできますので緊急時も万事OKです。これはメルカリと完全に一緒です。そして万が一自転車を借りた人が借りた地点に自転車を戻さなかったら通報されて二度とメルチャリを使えなくなります。なので借りパクみたいなのはほとんど起こらないはずです。

問題の値段がどうなるのかを今一番考えています。貸す人が決めるのか、それとも今はやりの月額制かもしれません。個人で決めるなら私のは1時間50円とか1回位80円とか。でも値段設定が難しいですね。例えば1日120円で貸すとしてメルカリさんに手数料を少し。そして仮に1日100円貸す人が得られるとしてこれだと貸す人が爆発的に増えるかというとうーんって感じです。でも一回300円とかだと借りる人激減しちゃいそうですし。1日コーヒー一杯分稼げると思って貸す人増えるかな?これは難しい難しすぎる。この値段はえらい難しいです笑。文字数で次。

メルチャリ~シェア自転車革命について②

昨日の続きです。
とにかくメルカリさんはフリマ業界の雄です。フリマとは既存の物をまた再流通するシステムです。いったっら再利用のプロです。ならば新しくシェア自転車様に自転車を自社で作ってそれを町中に設置してみたいなサービスをするでしょうか?僕はそう思いません!!これはあくまで予想です!メルカリさんにも確認を取ったわけではないですし、あくまで商標登録から僕が勝手に予想しました!たぶんこんな感動的なサービスを目論んでるはずです!というよりやってほしい笑というより僕もしたい笑

まずメルカリさんが作るのは自転車の鍵のみです。既存の自転車に設置可能な自転車の鍵です。僕は輪っかになってて取り外し可能なタイプだと思ってます。そしてそれがインターネットとGPSにもちろん繋がっていますIoT鍵です。あとQRコードが鍵のどこかにプリントされているはずです。そしてこれを既に自転車を持っている人が買います。もちろんメルカリ上で。買うと言ってもたぶん無料です笑。AmazonDashButtonみたいな。そしてたぶんメルカリアプリのトップページに宣伝がドカンと載ってきます。メルチャリ始めました!みたいなやつです。たぶんもっとカッコいいコピーです笑。そしてメルカリに既に登録してあるユーザーは面倒な手続きが勿論なしです。ワンタップで鍵を買ってメルカリで登録してる住所に後日鍵が届きます。そして自転車にこれで鍵をかけるだけです。これだけで自分の自転車をシェア自転車にすることができます。元々の鍵は開けっ放しにしておく感じを予想です。

そして一方自転車を借りる人です。まず借りたい人はメルチャリアプリで借りれる自転車が近くにあるかを探します。そしてたぶんユーザーが増えたら探す必要ないくらい町に溢れます。初めだけです探すのは。そしてメルチャリに登録してある自転車を発見したらカギにあるQRコードをスマホでスキャンします。それでロック解除です。これだけで便利なサイクリングのスタートです。
文字数なので詳しい事は次!

  僕が予想しているメルチャリが始まったら世の中変わります



僕は中国で出会ったシェア自転車が大好きです。mobikeやOfoといったシェア自転車サービスに初めて乗ったときは衝撃でした。生活が一気に変わりました。
現在そんなmobikeは福岡と札幌でサービススタート予定。そしてOfoは東京と大阪でスタート予定です。でも僕が経験したサービスとは異なります。それは乗り捨て不可能ということです。返すポートが決まっています。街の中にいくつかポートがあってそこに返すことになりそうです。やっぱりそうなったかと思いました。とても残念です。僕が中国で使った時は家の前だろうが道端だろうが本当にどこに乗り捨てしてもOKでした。それがめちゃくちゃ便利で感動体験でした。しかし日本では規制がありそれは実現できそうにありません。そして中国本土でも規制が始まり乗り捨ては不可になったみたいです。これはめちゃくちゃ残念です。本当に残念です。もうあれが味わえないのかと。
しかしそれでも僕は考えていました。どうすれば乗り捨て可能になるのか。駄目ならばじゃあどうすれば乗り捨て可能なみにポート数を爆発的に増やし続けれるのか。そんなことを勝手に考えている時に私はメルカリさんがメルチャリというシェア自転車っぽいサービスの商標を提出したことを知りました。初めはメルカリさんもシェア自転車参入かーなどと漠然と思っていました。しかし考えるに百戦錬磨のメルカリさん。今さら自分たちで自転車を作ってシェア自転車サービスを始めるかな?と思いました。そして考えました。彼らはバリバリのフリーマーケットのお会社さんです。フリーマーケット最強のお会社さんです。中古品のプロ中のプロです!これを思った時、ヤバい事になると思いました!!文字数多いので次!!

梟書茶房

昨日は池袋の梟書茶房という新型本屋さん✖︎喫茶店に行ってきました。ここは販売されている本が題名が分からないシークレット状態になっていて凄く面白いですこんな感じ

f:id:reikubota:20170712181337j:image

本マスターの方々が書いた紹介文があってこれで気になるものを買います。これ文章が上手くて読んで見たいと思うものばかりでした。

 

今の僕はAmazonやメルカリで本を買うのがスタンダードですが、これはまた違う体験で面白かったです。販売の勉強になりました。農業でも応用できそうで、シークレット野菜とかウケるかも笑やってみます!